高性能型粉末ABC消火器アルテシモ・プラス

Pocket

モリタ宮田工業さんから今年、新しい消火器が出ました。
その名もアルテシモプラス


画像はホームページより拝借。

https://www.moritamiyata.com/products/ext01/subext01/e-26.html

この消火器の偉い所は今までの10型消火器と
大きさや重さは全く変わらないのですが、
能力単位が高い点です。


左が従来の10型消火器アルテシモ。
右が高性能型10型消火器アルテシモプラス。
大きさや重さは全く同じ。
塗りはシックでアルテシモプラスがちょっとカッコいいです。


能力単位がこのように異なります。
(左)従来品アルテシモ→A-3 B-  7 C
(右)アルテシモプラス→A-4 B-12 C

能力単位の話をすると長くなるので割愛。
ざっくりで言えば消火能力が高いのです。
特に注目すべきはB単位が12もある点です。

危険物関係の施設ですとしばしば20型消火器が
設置されている事が多いですよね。
あれは調べてみると「ガス事業法」「液化石油ガス法」に
消火器の能力単位B-10以上が望ましいと文言があり、
一般的な10型消火器ではB-7しかないため足りず、
その結果B単位が10以上ある20型消火器(B-12)が設置される
場合が多い模様です。

実際、弊社のお客様でプラントさんでも殆どが
大きくて重たい20型消火器を置かれている場合が多いです。
そこでこのアルテシモプラスの能力単位が
B-12という部分は非常に魅力的です。

モリタ宮田工業さんの営業担当さんにもその件を
お伺いした所、所轄消防署から許可を得た上で
既設の20型消火器をアルテシモプラスに交換する
流れが多いとのお話でした。

事実、市川市消防局予防課危険物係様に
プラントさんの20型消火器をアルテシモプラスに
交換して良いか確認してみた所、事前打ち合わせの上で
許可を得てから交換をして欲しいとのお話でした。
(※A単位が1低くなるので図面と照らし合わせたいそうです)


あとはアパート等にしばしば見受けられる
プロパン庫ですね。
指定数量未満でも消火器の付加設置が見受けられます。

こちらも20型消火器がこのように設置されてましたが、
今回、アルテシモプラスに交換させて頂きました。
勿論現場の所轄である小岩消防署予防課様にご相談の上、
許可頂きこの度、アルテシモプラスに交換させて頂きました。

ちなみに高性能型10型消火器アルテシモプラスは3.9kg
右の加圧式消火器20型は11.5kgですから。。。

値段も20型よりアルテシモプラスが少しだけ安いですし、
プラント施設や危険物施設、少量危険物では10型の
アルテシモプラスが今後主流になると思います。

通常の防火対象物では変わらず従来品の
アルテシモが価格もお安いのでお勧めです。

良かったら動画も御覧ください。
商品の詳細はモリタ宮田工業(株)さんにお問い合わせ下さい。

そんな訳でプラントさんはアルテシモプラスを
今後ご検討頂けましたら幸いです。

●消防設備等の点検、設置に関するお問い合わせは宮川防災(千葉県市川市)まで●

㈱宮川防災
TEL/FAX  047-338-0708
Eメール miya-bousai@infoseek.jp(※土日祝日は返信が遅れます)
営業時間 平日 AM9:00~PM5:00