市川市南八幡のアパート消防設備点検【消火器、避難器具】

1か月以上更新が滞ってしまいました。
年末まで頑張りたいと思います。

新規でお問い合わせ頂いたお客様より
2階建てアパートの消防設備点検のご依頼頂きました。
設備は「消火器」「避難器具」となります。


消火器は1本新規交換を実施。
既設10型消火器とエントランスに放置された
3型消火器を弊社にて廃棄しました。


こちらは避難器具となります。
初めて点検したようで約30年振りの御開帳。
内部清掃や注油をして正常に梯子は降下。
この当時の避難ハッチは蓋が鋼板製のため
腐食が酷い事がほとんどなのですが、
上蓋や下蓋を外壁塗装時に塗装したようで
結果的には腐食も比較的抑えられてる印象でした。

現在、新築時はステンレス製の蓋でなくてはなりません。

消火器、避難器具ともに異常なし。
所轄の市川市東消防署へ届出。


無事に受理され返却されました。
次回消防署への届出は3年後となります。

今回は東京都中野区の管理会社様より
お問い合わせ頂きお仕事させて頂きましたが
ご担当者様の迅速なご対応のおかげで
スムーズにお仕事が進みました。

管理されている物件が遠方の場合は
こんな具合に地元の防災屋をご利用頂けるのが
一番だと思います。

この度はご注文ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い致します。

●消防設備等の点検、設置に関するお問い合わせは宮川防災(千葉県市川市)まで●

㈱宮川防災
TEL/FAX  047-338-0708
Eメール miya-bousai@infoseek.jp(※土日祝日は返信が遅れます)
営業時間 平日 AM9:00~PM5:00

 

 

児童発達支援施設のテナント入居に伴う自動火災報知設備設置工事【市川市福栄】

市川市福栄にある事務所・共同住宅の3階建てビルの
1階部分に児童発達支援施設(放課後デイサービス)が
入居されるため、建物全体に自動火災報知設備の設置が
必要となりこの度ご注文頂きました。


事務所や共同住宅の用途だった建物に
飲食店や福祉施設が入ると自火報は
設置基準の面積が500㎡→300㎡と変わり
一気に厳しくなり、元々自火報がついていない場合は
設置を求められます。その他にも入るフロアによっては
また違った指導が出たりと注意が必要です。
(※細かい規定があるので詳細は省きます)

しかもテナント部分だけでなく、
建物全体に設置しなければならないため
本当に大変なことになります。


こちらは自火報の光電式スポット型煙感知器。
後付けなので露出配線になってしまい
このようにモールでの作業が増えます。


更には誘導灯も建物全体に設置となりました。

元々が事務所用途だった部分に自力非難が
困難な方々や不特定多数の方が使われる
用途になると一気に様々な消防用設備が
建物全体に求められるので本当に気を付けて下さい。

今回は掛かる費用を前もって概算で
オーナー様に見積もりを提出させて頂き、
その上で設置工事を決定されていました。

今回が上階に共同住宅部分がありますと
1軒1軒入室して設置工事なので
高い工事費用になってしまうのと
入居者様には1日中お立会い頂いたりと
大変なお仕事になります。

なのでお安くは請けられません。
はっきり申し上げて弊社だとお値段高いです、と。
その点もご了承頂きました。


勿論、工事前に「着工届」を提出し、
工事完了後は「設置届」を提出。
そして後日、消防検査となりました。


各種届出の副本も返却され検査終了となりました。
自火報や誘導灯の遡及工事は本当に大変です。
かれこれ2か月ほど工事にはお時間頂戴しました。

工事でお力添え頂きました協力業者さん、
入室にご協力頂いた入居者様、オーナー様。
そして本件に的確なアドバイス頂けた所轄の
市川市南消防署予防課様には感謝の念に堪えません。

皆様、本当にありがとうございました。

管理人は別件で変わらずドタバタしており
お客様にはご迷惑おかけしております。

お問い合わせの際はメール頂けましたら幸いです。

●消防設備等の点検、設置に関するお問い合わせは宮川防災(千葉県市川市)まで●

㈱宮川防災
TEL/FAX  047-338-0708
Eメール miya-bousai@infoseek.jp(※土日祝日は返信が遅れます)
営業時間 平日 AM9:00~PM5:00

 

高性能型粉末ABC消火器アルテシモ・プラス

モリタ宮田工業さんから今年、新しい消火器が出ました。
その名もアルテシモプラス


画像はホームページより拝借。

https://www.moritamiyata.com/products/ext01/subext01/e-26.html

この消火器の偉い所は今までの10型消火器と
大きさや重さは全く変わらないのですが、
能力単位が高い点です。


左が従来の10型消火器アルテシモ。
右が高性能型10型消火器アルテシモプラス。
大きさや重さは全く同じ。
塗りはシックでアルテシモプラスがちょっとカッコいいです。


能力単位がこのように異なります。
(左)従来品アルテシモ→A-3 B-  7 C
(右)アルテシモプラス→A-4 B-12 C

能力単位の話をすると長くなるので割愛。
ざっくりで言えば消火能力が高いのです。
特に注目すべきはB単位が12もある点です。

危険物関係の施設ですとしばしば20型消火器が
設置されている事が多いですよね。
あれは調べてみると「ガス事業法」「液化石油ガス法」に
消火器の能力単位B-10以上が望ましいと文言があり、
一般的な10型消火器ではB-7しかないため足りず、
その結果B単位が10以上ある20型消火器(B-12)が設置される
場合が多い模様です。

実際、弊社のお客様でプラントさんでも殆どが
大きくて重たい20型消火器を置かれている場合が多いです。
そこでこのアルテシモプラスの能力単位が
B-12という部分は非常に魅力的です。

モリタ宮田工業さんの営業担当さんにもその件を
お伺いした所、所轄消防署から許可を得た上で
既設の20型消火器をアルテシモプラスに交換する
流れが多いとのお話でした。

事実、市川市消防局予防課危険物係様に
プラントさんの20型消火器をアルテシモプラスに
交換して良いか確認してみた所、事前打ち合わせの上で
許可を得てから交換をして欲しいとのお話でした。
(※A単位が1低くなるので図面と照らし合わせたいそうです)


あとはアパート等にしばしば見受けられる
プロパン庫ですね。
指定数量未満でも消火器の付加設置が見受けられます。

こちらも20型消火器がこのように設置されてましたが、
今回、アルテシモプラスに交換させて頂きました。
勿論現場の所轄である小岩消防署予防課様にご相談の上、
許可頂きこの度、アルテシモプラスに交換させて頂きました。

ちなみに高性能型10型消火器アルテシモプラスは3.9kg
右の加圧式消火器20型は11.5kgですから。。。

値段も20型よりアルテシモプラスが少しだけ安いですし、
プラント施設や危険物施設、少量危険物では10型の
アルテシモプラスが今後主流になると思います。

通常の防火対象物では変わらず従来品の
アルテシモが価格もお安いのでお勧めです。

良かったら動画も御覧ください。
商品の詳細はモリタ宮田工業(株)さんにお問い合わせ下さい。

そんな訳でプラントさんはアルテシモプラスを
今後ご検討頂けましたら幸いです。

●消防設備等の点検、設置に関するお問い合わせは宮川防災(千葉県市川市)まで●

㈱宮川防災
TEL/FAX  047-338-0708
Eメール miya-bousai@infoseek.jp(※土日祝日は返信が遅れます)
営業時間 平日 AM9:00~PM5:00

市川市行徳駅前のマンション自火報断線修理

ドタバタが続いておりご迷惑お掛けしてます。
お客様をお待たせしてしまう場面もあり
踏ん張りどころだと思ってます。

市川市行徳駅前にある複合用途ビルの
自動火災報知設備の断線調査と修理のご依頼を頂きました。
普段、お取引のある管理会社さんが新規で
管理を始められた矢先にこのような事態が起きたとか。

先に申し上げますが自火報の断線修理は
お金と時間が掛かる場合が
多いのでその点をご了承頂いた上で
お仕事をさせて頂きました。
(※それをご了承頂けないと断線の修理は受けられないです。)

部屋内で断線が起きてる場合は地道に
1件1件入るしかなくなったりもしますので。

今回はまず断線が共用部なのか
それとも部屋内なのかを調べられたら、
という目的で調査に入りました。


まず自火報受信機を確認。エラー表示が出ており、
3階の断線である事を確認しました。


3階廊下にある総合盤(赤ランプ+押し釦のついた箱)を
確認し、右上に映る終端を交換するも変化なし。

次に感知器線の電圧を確認すると、
2階からのLCは問題なくDC24Vが出てますが、
最後に返ってきているLCが12V程度しかありません。

どこかで切れかかっている状態です。

初めてお邪魔した現場だったのですが
後付けの自火報でしたので配管やBOXが
外付けされていたので1件1件確認。


すると1部屋の外付けBOXの中で
OP線の腐食を確認。
水が少しずつ入り、腐食したのかもしれません。

緑青ふいてますのでこうなると
電圧出なくなります。

緑青ふいてる部分は切り取り、再結線。


ビニールテープで被覆もこの後更にしっかり。
そしてBOXの蓋はコーキング処理。


総合盤で電圧がDC24Vに戻っており、
受信機も正常になったのを確認。

今回は部屋内ではなかったので当日中に
調査と修繕が終わりました。
書くと簡単そうですが実際追いかける
時間と作業は結構大変でした。
後付けの自火報だったのが特に大きいです。

断線も異常が出続けてくれれば
原因が分かり易いのですが
出たり出なかったりの状態でしたり、
あるいは部屋内の断線となると
手に負えない事もしばしばです。
(※実際、他現場で3か月掛かった事もあります。)

こういうトラブル対応も考えると
出来る限り現場に近い防災屋さんで普段から
信頼のおける所に消防設備点検をご依頼されるのが一番だと思います。

どうしても遠い現場ですとその移動時間やガソリン代と
作業費以外のお金も頂かざるを得ないので。

この度はご注文ありがとうございました。

●消防設備等の点検、設置に関するお問い合わせは宮川防災(千葉県市川市)まで●

㈱宮川防災
TEL/FAX  047-338-0708
Eメール miya-bousai@infoseek.jp(※土日祝日は返信が遅れます)
営業時間 平日 AM9:00~PM5:00

市川市市川の医院 消防設備点検【消火器、自火報、誘導灯】

お世話になっている2階建てのクリニックさんの消防設備機器点検です。
設備は「消火器」「自火報」「誘導灯」です。


消火器は外形点検を実施。
異常ありません。


自動火災報知設備も異常なし。
表示灯の球切れがありましたがその場で改修済。


誘導灯も異常ありませんでした。
3設備とも異常なしで終了となります。

今回は機器点検ですので書類をお渡しして
点検は完了となります。

次回は半年後に総合点検となり、
消防署への報告となります。

この度はご注文ありがとうございました。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

●消防設備等の点検、設置に関するお問い合わせは宮川防災(千葉県市川市)まで●

㈱宮川防災
TEL/FAX  047-338-0708
Eメール miya-bousai@infoseek.jp(※土日祝日は返信が遅れます)
営業時間 平日 AM9:00~PM5:00