船橋市三咲の工場 消防設備点検

船橋市三咲にある工場の消防設備点検です。
12項イに該当します。

設備は「消火器」「屋内消火栓設備」
そして「自動火災報知設備」となります。


消火器は外形点検を実施。
工場なので比較的埃が多いので
点検毎にビニールを被せてます。


屋内消火栓設備は放水試験を実施。
放水圧も良好でした。


自動火災報知設備は空気管が付いてます。
全て異常ありませんでした。

こちらのお客様もホームページから
お問い合わせを頂いたのがキッカケです。
かれこれ8年ほどお仕事頂いてます。

今後とも宜しくお願い致します。

船橋市本中山のマンション(共同住宅)の消防設備点検

ワンルームのマンションの消防設備点検です。
現場は船橋本中山になります。

設備は「消火器」「自動火災報知設備」になります。

消火器は異常なし。
画像は強化液消火器になります。
天ぷら油の火災などに強いです。


自動火災報知設備も異常ありませんでした。
今回は総合点検なので絶縁も。


異常ありませんでした。
余談ですが、写真撮るのがとっても大変でした…。。

ワンルームマンションなのですが、
点検当初に比べて居住者様のご理解が
だいぶ浸透してきました。
ご在宅頂き本当に感謝です。

オーナー様のご理解もあってこそです。

今後とも宜しくお願い致します。

●消防設備等の点検、設置に関するお問い合わせは宮川防災(千葉県市川市)までどうぞ●

㈱宮川防災
TEL/FAX 047-338-0708
Eメール miya-bousai@infoseek.jp(※土日祝日は返信が遅れます)
営業時間 平日 AM9:00~PM5:00

消防用設備の点検料金のご相談・お見積もりは無料です

船橋市本町のアパート 消防設備点検(消火器)

船橋市本町の共同住宅の消防設備点検です。
設備は「消火器」のみとなります。


既設の消火器は1999年製でしたので、
容器耐用年数10年経過のため交換。


2017年製に新規交換しました。
こちらの内容で船橋中央消防署へ
点検結果報告書を提出致しました。

次回3年後に再度消防報告となります。

消火器も立派な消防用設備という扱いのため
法定設置の場合は半年に1度の点検と
1年に1度ないし3年に1度の消防報告が必要です。
(特定防火対象物は前者、非特定は後者。詳しくはコチラを参照)

昨年12月に起きた新潟県糸魚川市の火災を受け、
どうやら平米数に関係なく火を使う飲食店等は
消火器が義務設置になりそうです。

http://www.sankei.com/affairs/news/170425/afr1704250003-n1.html

細かいルールはこれから決まるでしょうけれども、
点検についても半年に1度実施、年1度消防報告と
なるのかもしれませんね。

現行の消防法で消火器が必要かどうかを
判定するシステムがモリタ宮田工業(株)さんの
ホームページで確認が出来ます。

http://www.moritamiyata.com/about_extinguisher/installation/

心配な方は参考までにどうぞ。
但し各地域によって消火器は設置基準が異なります。

出来る限り最寄の所轄消防署へご相談下さい。

●消防設備等の点検、設置に関するお問い合わせは宮川防災(千葉県市川市)までどうぞ●

㈱宮川防災
TEL/FAX 047-338-0708
Eメール miya-bousai@infoseek.jp(※土日祝日は返信が遅れます)
営業時間 平日 AM9:00~PM5:00

消防用設備の点検料金のご相談・お見積もりは無料です。